ガーデニング

ガーデニングトピックス/ベジタブルガーデン

Vegetable Garden ようこそ!おいしいベジタブルガーデンへ
ページ |1234
春から始めて 夏に収穫を迎える野菜 ミニトマト、オクラ、トウガラシ
初夏の日差しをいっぱいに浴びて育ち、花を咲かせて実をつける夏野菜です。
すくすくと育つ過程を見守るのも大きな楽しみ。
初心者は、簡単、手軽な苗からスタートしましょう。
 
 茎がしっかりと太く、双葉がついているもの
 節間(葉と葉の間)が詰まっているもの
 葉の色が濃く、病害虫が発生していないもの
 ポットの底穴から白い根がみえているもの

栽培カレンダー
ミニトマト ミニトマト
大きいトマトより作りやすく、
手間をかければ収穫が多くなります。
色や形などさまざまな品種が手軽に楽しめます。
栽培のポイント
植えつけは、「一番花」を咲かせてからにすると収穫量アップ。
 
支柱を立てて茎を紐で結び付け固定しましょう。
 
わき芽(葉の付け根から出る芽)が出て放っておくと、
茎や葉ばかり茂って実つきが悪くなります。
週1回のペースで根元から折るように手で全て摘み取り、
中心の茎1本にすると果実が大きくなります。
 
ワンポイント摘みとったわき芽を挿し木すると苗がつくれます。
  いろいろミニトマトに挑戦! 苗の出回っていないおもしろいトマトを種から育ててみましょう。変わりトマトの種類 ・・・・・‘レモントマト’、‘ブラウンベリー’、グリーングレープ‘など。(トマトはタネをまいて苗になるまで約60日。5月に種まき、7月に植えつけ、9月に収穫ができます。)
オクラ オクラ
暑さに強く、背丈が2mくらいになるまで成長。
真夏に咲くレモンイエローの可憐な花も魅力です
栽培のポイント
背が高くなるので、苗は2本仕立てにしたほうが安定して収穫もアップ。
 
花が咲いて2、3日、さやが8?10cmになれば食べごろを迎えます。
1日遅れると硬くて巨大な‘角’になり味が落ちるので、毎日の収穫が必要です。
トウガラシ トウガラシ
夏のスパイシー料理に役立つ香辛料の王様。
色、形、辛さなどバラエティー豊富で、実の色の変化も楽しみです。
栽培のポイント
苗は、日当たりのよい場所で水はけのよい肥えた土に植えつけます。
 
タネや実を扱うときは注意が必要。辛み成分は、人によっては触れただけで皮膚に炎症を起こす場合も。
素手で触らず、ゴム手袋をはめるとよいでしょう。
 
株の根元から10cmほど離れた場所に支柱をさし、茎を紐で結びつけ固定します。
 
夏の間は、とり尽くさないように少量ずつ青トウガラシを収穫。
赤く色づくには1ヶ月程度かかります。秋に収穫する赤い実は、乾燥させて使います。
  Next:夏からはじめる野菜

ページ |1234
ガーデニングトップページへ