ガーデニング

季節のガーデニングプラン(冬)/冬から早春の庭を楽しむ

冬から早春の庭を楽しむ
プラン例
冬の花壇はどうしても寂しい印象になりがちです。そこで、赤やオレンジなど鮮やかな実をつけるものを取り入れ、常緑の葉とのコントラストを楽しむと賑やかな印象に。
ここではフェンスにビナンカズラをからませ、更にピラカンサ、セイヨウヒイラギを使っています。手前にはハボタンやビオラなどで彩りを添えて。ベイリーフはトピアリー仕立てのものにするとポイントになります。

最近注目されている品種
クリスマスローズ (キンポウゲ科/常緑多年草)

イングリッシュガーデンで代表的な植物で、中でもオリエンタリスは12-4月と開花期間が長いのが特徴です。寒さに強く、半日陰や日陰でも十分に育ちますが、暑さにやや弱いので夏の直射日光は当てないようにします。白花系、黄花系、桃花系、赤花系、紫花系など花色が実に多彩です。
株分けでふやします。
ガーデンシクラメン (サクラソウ科/球根植物)

冬の室内鉢花として馴染みの深いシクラメンの中で、小型の花のものがガーデン用として流通し始めています。日当たりを好み、凍らないようにすれば屋外でも越冬します。門扉回り等のちよっとしたスペースや、コンテナの素材としてぴったりです。
冬から早春の庭を楽しむ 戻る
季節のガーデニングプランインデックス
春 夏 秋 冬
ガーデニングトップページへ