ガーデニング

季節のガーデニングプラン(春)/春にする花のお手入れ

春にする花のお手入れ
春のお花のお手入れ方法
春になると一気に華やかな季節になります。
春の主役である、パンジーやヴィオラなどの花を長く咲かせるためには、黴や病気の原因になる咲き終わった花殻や枯葉をこまめにとりましょう。花を取るときは、花茎の根元からとってください。
追肥として、リン酸成分の多い即効性の化成肥料(例:草花用のハイポネックス)を2週間に一度程与えましょう。
花の終わった球根は、枯れるまで茎葉を残して花を摘み取り、追肥として液肥をやり続けましょう。
葉が枯れたら球根を掘りあげ、土を落として日陰で乾燥させた後、ネット袋などに入れて冷暗所で保存します。
あわせて、初夏~秋まで楽しめる開花期の長いお花を用意し、夏のガーデンづくりに備えましょう。
春撒きの植物
また、春撒きの種も桜の花が散って葉桜になるころ撒き時を迎えます。
種からはじめると少し手間がかかりますが、安価に沢山の苗を育てることができ、更に市販の苗では入手しにくい品種を得ることも可能です。
季節のガーデニングプランインデックス
春 夏 秋 冬
ガーデニングトップページへ