ガーデニング

季節のガーデニングプラン(春)/コンテナガーデン

コンテナガーデンに挑戦
ハーブの豆知識と植え方の手順

セージ

 
和名を「ヤクヨウサルビア」と呼び、昔から薬として使用されてきました。地中海沿岸地域が原産地で、日当たり、水はけの良い場所を好みます。葉に含まれるフェノ―ル酸は抗菌作用があり、ツヨンは強力な防腐効果 があります。香りが強く、肉や魚の匂い消しに使われ、ソーセージの名の由来にもなっています。

  
植え方の手順

  1. お好きなコンテナや鉢を利用して、その底を鉢底ネットでふさぎ、鉢底石を1~2cmの厚さに敷き入れた後、ハーブ用培養土を入れます。
  2. セージの苗をビニールポットからそっと抜き、根幹を崩さないようにていねいに取り出します。
  3. セージの苗をレイアウトして置き、周りにハーブ用培養土を足し入れながら植え込みます。このとき、周りにすきまができないように竹箸でつつくとよいでしょう。植え付け後は、水をたっぷりと与えましょう。
  4. 葉のきれいなシルバータイムや、ゴールデンタイム等と寄せ植えにしてもきれいです。




  
セージの種類
  1. 食用セージ:コモンセージ、ペインテッドセージなど
  2. 観賞用セージ:チェリーセージ(サルビア・ミクロフィア)メキシカンブッシュセージ(サルビア・レウカンサ)、メドウセージなど。
  
ハーブのチェックポイント

チェック1. 原産地を知ることが上手に育てる第一歩

ハーブの育ち方は、原産地の気候や風土によってそれぞれ違います。どこ が原産地か知って、育て方を工夫しましょう。
・ ローズマリー(地中海沿岸地域) 日当たり、水はけのよい乾燥した場所を好み、多湿を嫌う
・ スイートバジル(熱帯アジア、 太平洋諸島) 日当たり、水はけのよい場所、保水力のある肥えた土を好む


チェック2. 土はアルカリ性に

ハーブ類は特に、酸性土壌を嫌います。中性(弱酸性~弱アルカリ性)にするために、生石灰などを撒くとよいでしょう。
季節のガーデニングプランインデックス
春 夏 秋 冬
ガーデニングトップページへ